拳銃使用適正?男性死亡事件、警官2人を審判に(読売新聞)

 奈良県大和郡山市で2003年9月、逃走中の車上荒らしの容疑者の車に警察官が発砲し、助手席にいた男性(当時28歳)が死亡した事件で、奈良地裁が、発砲するなどした4人の警官のうち、2人について特別公務員暴行陵虐致死罪などで審判に付す決定をしたことがわかった。

 決定は14日付。

 県警監察課の今谷和也課長は「決定は残念だが、当時の拳銃使用については、適正であったと考えている」と話した。

 この事件を巡っては、男性の母親が奈良県と警察官4人に対し、約1億1800万円の損害賠償を求めて提訴したが、同地裁は今年1月、請求を棄却し、原告が控訴している。

りそな銀退職者、年金減額が確定 最高裁が上告不受理(産経新聞)
携帯電話で市民税納付可能に 調布市(産経新聞)
岡田外相と米大使が電話協議=普天間(時事通信)
石塔 「韓国に返して」市民団体が要望(毎日新聞)
切れないナイフ、男性を釈放=銃刀法違反容疑で逮捕−警視庁(時事通信)
[PR]
by ggfgd01w6w | 2010-04-22 11:55


<< 韓国「本人の意志尊重」 金元工... <平野官房長官>仙谷氏を批判 ... >>