<平塚競輪場>事業撤退の補償金、鎌倉市に支払い命令(毎日新聞)

 神奈川県平塚市の「平塚競輪場」からのレース事業撤退を巡り、平塚市が同県鎌倉市に撤退に伴う補償金2億円の支払いを求めた訴訟で、横浜地裁(中山顕裕裁判長)は14日、鎌倉市に約1億500万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 訴状によると、鎌倉市は1952年以降、平塚市と1年ごとに賃貸契約を結び、競輪場を借りてレースを主催。赤字を理由に、01年3月の契約満了を機に撤退した。平塚市は「両市の間には継続して賃貸するという認識があった」と主張、レースに必要な機器のリース料などの一部負担を求めた。鎌倉市は「契約には補償金の規定がなく法的根拠がない」と争っていた。

 競輪場を巡っては、相模原市など県内の別の6市でつくる「神奈川県六市競輪組合」も同時期に撤退し、補償金4億1500万円の支払いで平塚市と合意。鎌倉市も補償金を請求されたが拒んだため訴訟になっていた。【山田麻未】

【関連ニュース】
自転車:鎌倉の元競輪選手・多以良泉己さん、伊豆の日本障害者競技大会1位 /神奈川
県立朝明高・自転車競技部、谷口遼平選手 /三重
自転車:元競輪選手・多以良さん、障害者大会に出場 落車→全身マヒから回復 /静岡
自転車:元競輪選手の多以良泉己さん、障害者大会に挑戦 あす静岡・伊豆で /神奈川
選挙:参院選 県医師連盟は郡司、安藤両氏を推薦 長塚氏は見送る公算 /茨城

宇宙滞在、野口さん最長に=6月2日に帰還予定(時事通信)
宮崎の口蹄疫で殺処分の家畜、国が全額補償(読売新聞)
政府答弁書 輿石氏の農地違法転用で「原状回復措置を講ずべき」(産経新聞)
自殺 原因「失業」が7割増 30代の増加、目立つ(毎日新聞)
神奈川限定の介護タクシー、都内で越境営業(読売新聞)
[PR]
by ggfgd01w6w | 2010-05-19 19:05


<< 皇太子さま、シンポジウムにご出... <火災>マンション一室全焼 遺... >>